So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

ワンピース 第711話 ネタバレ 確定 [ワンピース 第711話 ネタバレ 確定]

☆ワンピース 第711話 ネタバレ 確定☆

「ONE PIECE ワンピース」 第711話のネタバレ(文字バレ)確定情報です!


↓ ↓ ↓

☆第711話☆

『小人の国の冒険』

【扉絵】

カリブーの新世界でケヒヒヒヒ Vol.29
『ババー吹き飛ぶ』

【本編】

眠っているロビン、暗闇の中で声が聞こえる。

「バッグの中は?」
「本にノート 着替え 電伝虫…」
「服の中が怪しいぞ」
「現在探索中れす!」
「武器は確実に取り上げろ!」
「C地点異常なし」
「A地点も異常ないれす」

ロビン、目を覚ます。

胸元から出て来た小人
「こちらB地点にも隠してはいないようれ…」

ロビン
「え!?」

小人たち
「わー!目を覚ましたぞ!警戒態勢!」
「大人間が目覚めた!」

ロビン
「ここは一体どこ!?」

トンタッタ族戦士レオ
「おとなしくするのれす!」
「おまいは悪い大人間だな!?」

ロビン、心の中で
「小人族!ここは彼らの国…!?」

カブ
「みんな気をつけろ
 この大人間、奇術を使う!
 あのとき足下から突然花のような手が咲き
 逃げる間もなく…」

―回想―

ロビンがカブを捕まえ
「あなたが今海兵の身ぐるみを…!?」

ウソップ
「おいロビン!小人って…」

カブ
「麻酔花!」

ウソップたち
「うわっ!」

―回想明け―

ロビン、心の中で
「何かで眠らされてここへ…
 ウソップは無事かしら…
 能力は使えそうだけど…
 事を荒立てるわね…」

ロビン
「ここは…グリーンビットの地下?」

レオ
「そう我が一族が育てた大いなる森の地下
 我らに育てられない植物はないのれす!
 ここはトンタッタ王国、我々の国だ!」

「動こうとしてもムダれすよ
 僕の奇術“ぬいぬい”の力で地面におまいを縫いつけた!
 我々トンタッタ族の姿を見た者は
 もう生きて帰すわけにはいかない!」

ロビン
「…そんな ごめんなさい
 つい興味で手を出してしまったの
 もともと危害を加えるつもりもなかったし…
 あなたたちを見たことは誰にも言わない…」

レオ
「うそをつけ!そんな言い訳が通じるかっ!」

ロビン
「ホントよ!」

レオ
「え!?」
「ホントならいいれすよ」

ほっとしてぬいぬいの能力を解くレオ。

小人たち
「なんだ よかったよかった」
「てっきり悪い人かと…」
「メガネ返すれす」

ロビン、心の中で
「なにこの信じやすさ…」

トンタッタ王国トンタ長ガンチョ
「こら!レオ!一体何をしてる!」

レオ
「トンタ長様!この者いい人れした」

ガンチョ
「そんわけあるか!」

レオ
「でも本人そう言ってます」

ガンチョ
「え!?
 ならいいれすよ」

ロビン
「! 全員この信じやすさ!?」

ガンチョ
「わしはガンチョ
 トンタッタ王国で一番偉いトンタ長れす!
 やー大人間をこうまじまじと見ることはそうない」

手元の時計は3時前。

ロビン
「いけない…3時までもう時間が…」

ガンチョ
「ん?どうかしたれすかな?」

ロビン
「ローに連絡しなければ…
 ガンチョさん・・私の小電伝虫は…」

小人
「あ…野生に還したれす!」

ロビン
「困ったわ…じゃぁすぐ出口を」

レオ
「待て!それより、いい人なら何か武器をくらさい!それがルール!
 くれなきゃ身ぐるみ剥ぐれすよ!」

ロビン
「え…でも私は武器なんて…」

レオ
「じゃぁ仕方ないれす
 身ぐるみ剥がさせてもらうれす」

「すべてもらえっ!」

飛びかかり身ぐるみを剥がそうとする小人たち。

フラッパー
「ダメだ!待つのれす!」

ガンチョ
「フラッパー!何事なのだ!?」

フラッパー
「その大人間はヒーローなのれす!」

小人たち
「えぇ!?ヒ…ヒーローとは一体…!?」

フラッパー
「捕らえたもう一人の大人間…
 実は我々のために現れた伝説のヒーローだったのれす!」

小人たち
「えー!?」
「嬉しいー!!」
「それはすごいー!」

ロビン、心の中で
「ウソップ…どんなウソを…」


ドレスローザ――
『港町アカシア』

トンタッタ族偵察部隊ウィッカ
「右!右だって!なんで左に曲がったの!?」

ゾロ
「うるせえな、てめぇ!
 おれだって急いでんだ!」

ウィッカ
「私の方が急いでる!間に合わなかったら…
 あなたのせいよ!
 早く“お花畑”に行って!」

ウィッカ
「わかったから黙ってろ!」

―回想―

ウィッカ
「イタタタ 大変大変!
 私ったらドジ!人間に見られちゃう!
 早く逃げなきゃ人間に… あ」

ゾロ
「…?…!?」

ゾロに捕まっているウィッカ
「えーんえーん私ドジだー!
 ドジでバカでアンポンタン!
 いつかやると思ったんだー」

ゾロ
「…これが“妖精”の正体!?
 オモチャか?」

ウィッカ
「オモチャとは違うれす
 私はトンタッタ族のウィッカ!
 私を見たこと 秘密にしてくらさい!
 あーっ!!」

ゾロ
「何だよ!」

ウィッカ、うずくまり
「歩けない…さっき足をくじいたようれす
 私ったらドジっドジっ」
地面をドンドン叩くとビキビキと地面が割れていく。

ゾロ
「何だそのパワー
 地面割れてんぞ!」

ウィッカ
「お願いれす!私を隊長のところへ連れてってくらさい!
 元はと言えばあなたのせいといえばせいですし」

ゾロ
「お前が刀を盗むからだろ!」

ウィッカ
「私たちはこの土地の『緑の管理者』!
 この国の大人間は私たちを妖精と呼び
 色んなものをくれます!
 急いでるんれすっ私は偵察部隊!
 ドンキホーテファミリーの居場所を隊長に報告しなくちゃ!
 今チャンスなんれす!
 ドンキホーテファミリーが
 麦わらの一味の船を襲いに行ったところを確認しました!」

ゾロ
「!?」

ウィッカ
「きゃードジっ!私ったら何もかも喋っちゃって!」

ゾロ
「オイ本当か今のは!
 おれもその麦わらの一味だ!」

ウィッカ
「きゃードジ!私ったらドジ!」

ゾロ
「破壊をやめろ!」
「よりによってあいつらを狙うとは!
 おれもサニー号へ!」

ウィッカ
「待ってー」
「先に私をお花畑へ運んでくらさい!
 そしたらすぐに海岸へ案内するれすから!」

ゾロ
「知るか おれはすぐ海岸へ向かう!」

ウィッカ
「だってそっち真逆れすよ!?
 あなた場所わかんないんれしょ!?」

ゾロ、グサリとくる。

―そして今―

ゾロ
「――つまりドフラミンゴの仲間たちは
 おれたちの動きをずっとマークしてたのか!」

ウィッカ
「そうれす
 それを私たちが監視してました!」

ゾロ
「お前らもドフラミンゴと因縁があんのか!?」

ウィッカ
「はい…あ!それは秘密れす!」

ゾロ
「危ねぇのは船だけじゃねぇな…全員だ!
 電伝虫もねぇし知らせられねぇ…
 おい まだか花畑は!」

ウィッカ
「そこの階段を登って!」

素通りしてしまうゾロ。

ウィッカ
「登ってって言ったんれすけど!?
 ア…アンポンタンなの!?」

ゾロ
「黙れ!」


――ドレスローザ
『コリーダコロシアム』


アナウンス
「これまた強豪揃いのCブロック!
 選手たちが続々と入場ー!開戦はまもなく!
 大本命はやはりこの3人か!?
 花ノ国より――」

外では子どもと猿の人形が遊んでいる。

それを見て微笑むレベッカ。

その下をフランキーたちが走っている。

フランキー
「花畑って何だよオイ!」

オモチャの兵隊
「黙って進め!話はそこでだ!
 警官には見つかるなよ!?」

フランキー
「おめー兵隊だろ?」

声をかけるレベッカ
「兵隊さん!」

兵隊
「レベッカ…
 …会場内のリストは見た
 …やはり出場したんだな…
 私は止めたぞ」

レベッカ
「私…!やるよ!?
 勝つよ!?兵隊さん!」

「そしたら……ねぇ!
 一緒に暮らそうよ!」

ポロポロと涙をこぼすレベッカ。

兵隊
「…!
 泣くような戦士に大会は取れん!
 おい…先を急ぐぞ…」

フランキー
「あぁ!?いいのか!?泣いてんぞ」

兵隊
「だから急ぐんだ!オモチャにだって…!
 守りたいものくらいある…!」

「こんなブリキの目からは…涙も出やしないがね…」

フランキー
「……」


グリーンビット――
『南東のビーチ』
シーザー引き渡し時刻まで――あと2分!

ローの電伝虫が鳴り、出ると
「おい!ロー!こちらサンジ!」

ロー
「黒足屋か…工場は見つかったか?」

サンジ
「それどころじゃねぇ!よく聞け!
 ――すぐにそこを離れるんだ…!」

ロー
「…?
 何言ってやがる…これからシーザー引き渡しだ」

サンジ
「…!
 ドフラミンゴは七武海をやめてなんかいねぇっ!!
 シーザーを返しても何の取引も成立しやしねぇんだ!
 おれたちは完全にハメられた!」

ロー
「!?…理屈がわからねぇ…一体…」

サンジ
「説明は後だ!その島から早く逃げろ!!
 急げ!!」

海上をバサバサと飛んでくるドフラミンゴ
「フッフッフ」

兵を従える藤虎
「全部隊“南東のビーチ”へ」

ロー
「バカ…手遅れだよ…」



次回、第712話に続く…


いかがでしたか、第711話!?

あ、すいません…しばらくお休みしちゃいました。

休載が続いてましたし、
本業が書き入れ時で、
更新を怠っていました(笑)

過去分はすでに発売されてますし、いいですかね。

それで、今週分ですが。

ローいきなり大ピンチじゃないですか!?

しかも、このままいくとドフラミンゴと藤虎が相まみえることに!

そして、レベッカの存在と、抱える事情…

私が思うに、ドフラミンゴの能力って人をオモチャにする能力じゃないでしょうか?

『オモチャに変える』じゃなくて、
『オモチャにする』

つまり、実際オモチャに変えることもできるし
弄ぶという意味も含めて。

そして、弄ばれた愛する男女の物語が
兵隊さんとレベッカ…

考えすぎでしょうか!?

さて、次回、

第712話はまた休載です!!!

よって、確定ネタバレ更新は…

いつになるか未定です(汗)

たまに覗きに来てやってくださいー!


≪ワンピース ONE PIECE 第70巻≫ 予約受付中!

Amazon VS 楽天 徹底価格比較!

Amazon




楽天



↓ONE PIECE(ワンピース)に特化したブログランキング↓
↓必見の内容が盛り沢山です↓

ONE PIECE(ワンピース) ブログランキングへ


(当ブログは毎週私が海外のネタバレや国内情報を駆使して
 ONE PIECE~ワンピース~のネタバレを仕入れることで
 最速でご報告しております。)

☆ワンピース 第711話 ネタバレ 確定☆の記事でした。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。